ハッキング調査とは|依頼にかかる費用や調査方法を解説

【外注】参考記事

ハッキングとは、深い専門知識を利用して他人のパソコンに侵入する犯罪行為のことです。自分のパソコンやWebサイトへ勝手にアクセスされるなんて、考えるだけで恐ろしいことですよね。
ハッキングされてしまった場合、パソコンへの侵入やシステムの改ざん、破壊などといった犯罪行為の被害に遭ってしまうことになります。万が一の時に備えて、ハッキングのリスクや調査方法について理解を深めておきましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
この記事はマーケティング会社や外部ライターにリサーチとレポートを依頼して作られた記事です。
当社の見解とは異なる部分が多々ありますが、当社の視点だけに偏らず様々な角度から情報セキュリティに関する動向・傾向を見ることができるよう、なるべく原文のまま掲載いたしております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ハッキング調査とは

ハッキング調査とは、ハッキングの被害に遭ってしまった場合に、漏洩してしまった情報や悪用被害の内容や量を調査することです。最近では企業などの組織だけではなく、個人に対してハッキングが行われることも増えてきました。大切な個人情報の流出やストーカーの被害に発展するケースも多いため、不審に思うことがあれば専門会社に調査を依頼して素早く対策を講じることが大切です。
ここからは、ハッキングのリスクや調査会社の重要性を詳しく見ていきましょう

ハッキングされるとどのようなリスクがあるか

ハッキングされると、以下のようなリスクが生じます。

会社や個人の口座から勝手に送金される
Webサイトのデータが勝手に破壊される
アカウントの乗っ取り・悪用
メールを乗っ取られて大量のスパムメールが送信されてしまう
ECサイトなどを悪用されて多額の請求が生じる

ハッキングをされると金銭的な被害に遭うだけでなく、企業の顧客情報や個人の顧客情報が流出してしまうリスクもあります。Webサイトの改ざんやアカウントの乗っ取りは、企業などの信用問題にも関わるものです。迅速に対応しないと、取り返しのつかないことになってしまいかねません。最悪の場合、個人や企業のパソコンをハッキングされ、さらなる犯罪行為に利用されてしまうケースもあり得ます。

ハッキング調査が重要な理由

今や、雑誌やネットの情報などによって誰でもハッキングできる時代になってしまいました。犯罪という認識を持たず、ゲーム感覚でハッキングを行っている人も多いのが現状です。私たちはそんなデジタルの時代に生きているという自覚を持ち、自分や企業を守るための対策をする必要があると言えるでしょう。
ハッキングを放置してしまうと、金銭的な被害に遭ったり信頼を失ったり、知らないうちに犯罪に加担させらていれたりするリスクがあります。そのため、ハッキングに気づいた場合は早めに問題を解決する必要があつのです。
ハッキング調査をする場合は、警察署又は都道府県警察サイバー犯罪相談窓口へ相談するのが一般的ですが、迅速な対応を求めるのであれば調査会社の利用も検討しましょう。調査会社であれば、ハッキング被害の把握や犯人の特定、二次被害の抑制や定期メンテナンスなど、被害の抑制だけでなく今後のサポートも行ってくれるメリットがあります。また、犯人につながる法的証拠を見つけ出すことも可能です。
ハッキング攻撃を早く確実に解決させたい方には、調査会社に依頼することをおすすめします。

ハッキングの調査方法

年々ハッキングの方法は多様化しており、それに合わせて調査方法も多様な手段が用いられています。会社やハッキング手法によって異なるため一概には言えませんが、ハッキング調査会社に依頼した場合の主な調査方法は、以下の3つです。

フォレンジック調査
ログ解析
EDR
マルウェア解析

それぞれの調査方法について、内容を確認しておきましょう。

フォレンジック

フォレンジックとは、スマホやパソコンなどの端末から犯行の裏付けとなるデータを抽出したり、ログを解析したりして証拠になる通信記録を割り出す技術のことです。フォレンジックで割り出した証拠は法的にも有効なものとなるため、ハッキングに気づいた場合は速やかに調査会社へフォレンジックを依頼しましょう。
フォレンジックには「コンピューターフォレンジック」「モバイルデバイスフォレンジック」「ネットワークフォレンジック」の3種類があります。それぞれの調査内容は以下の通りです。

コンピューターフォレンジック
サイバー犯罪に携わったコンピューターを解析し、「誰が、いつ、どこで、何をしたか」を明らかにしてハッキングの痕跡を辿る調査です。削除されたデータの復元も可能で、たとえデータが改ざんされていても正しい解析ができます。
モバイルデバイスフォレンジック
スマートフォンやタブレットを解析する方法です。アプリの使用履歴や通話履歴、メールなどを解析してハッキングの手がかりを探していきます。証拠が見つかった場合に保全を行うことも可能です。
ネットワークフォレンジック
ネットワークのデータの流れ(パケット)を解析して、ハッキングの証拠を探し出します。インターネットの閲覧履歴だけではなく、ファイルの編集履歴や外部媒体との接続履歴、攻撃日時まで解析していきます。

ログ解析

ログとは、コンピューターの利用状況やデータ通信などの履歴や情報記録のことです。操作やデータの送受信が行われた日時のほか、どんな操作がされたかを知りたい時にログ解析をしていきます。
必要に応じてソフトウエアやWebサービスの使用履歴、パソコン内のドキュメントファイルの操作履歴やメールなどのアクセス履歴も解析していきます。操作の履歴を解析することで、ハッキングの目的や手がかりを探ることが可能です。

EDR

EDRは、不審な挙動をしているプログラム(マルウェア)を見つけ出して、サイバー攻撃の検知や防護対策を取ることを目的としたセキュリティシステムのことです。
「ファイアーウォール」などの従来までのセキュリティシステムは、マルウェアやハッカーの侵入を防ぐものでした。一方でEDRは、サイバー攻撃を防ぐと同時に不審な動作のプログラムを検知する働きを持つことで、ハッキングなどへの対処速度の向上を実現したのです。
EDRは、今受けている攻撃を即時に検出し、迅速に実害を阻止したい時に役立ちます。調査会社に依頼してEDRを使用することで、より早い段階でのハッキング対策が可能です。

マルウェア解析

マルウェア解析とは、不審な動作をするプログラムを調査して挙動や目的を探る調査のことです。ハッキングの場合、主にキュリティの脆弱性を確認するマルウェアが使用されることが少なくありません。マルウェアの感染の手段や目的を明らかにすることによって犯人の特定や再発防止につなげていきます。

マルウェア解析には、以下の3つの解析方法があります。

表層解析
ファイル名やファイルの種類など、表層的な特徴を元に、インターネットや過去のログデータを解析していきます。マルウェアを動作させずに解析するため、リスクが低い方法です。
動的解析
実際にマルウェアを動作させ、その挙動を解析していきます。動作させるため、どのような影響があるかがわからないというデメリットがあるため、端末をネットワークから完全に切り離して行われることが多いです。
静的解析
最後に、マルウェアのプログラムコードを解析していきます。悪意のあるプログラムの場合はコードが難読化されている場合も多いため、マルウェア専用の解析ソフトが使われることも多いです。

以上の3つの方法で解析することで、様々な面からマルウェアを捉えていきます。これによって、より確実に今後の対策が取れるのです。

ハッキング調査の費用

ハッキング調査の費用の目安は、以下の表の通りです。

調査内容料金
簡易の調査5万円〜
本格調査(個人案件)60万円〜
本格調査(法人案件)150万円〜

料金は調査範囲、深度、台数や調査にかかる日数、諸経費によって異なってきます。また、企業用の端末の場合、表で紹介したよりも費用が高くなることもあるため注意しましょう。
探偵事務所や興信所に依頼する場合、着手金や基本料金、成功報酬など料金体系が複雑になることもあります。不当に高額な料金を請求されてしまうことがないように、あらかじめ総額を確認しておくことが大切です。

ハッキング調査の依頼先の探し方

ハッキング調査を依頼する会社を探す時には、注意すべきポイントが何点かあります。ハッキングには迅速な対応が求められるため、優良業者に依頼しないと被害の拡大につながることもあるのです。依頼先は慎重に選ぶようにしてください。
インターネットで検索して自分で調査会社を探すこともできますが、適正な調査をしてくれる業者かどうかの判断が難しいため注意が必要です。
依頼する会社を選ぶ際は、まず事務所の所在地をしっかりと確認しておきましょう。ホームページに記載してある住所に本当に事務所があるかどうかは、会社を見極めるひとつの判断材料になります。
悪徳探偵や探偵・興信所をかたる詐欺師がいますので、慎重に検討して下さい。
自分で判断をするのが難しい場合は、探偵・興信所は選択肢から外して、情報セキュリティの専門会社に絞って検討したほうが良いです。

まとめ

ハッキングは金銭的な被害だけではなく、「会社の信用問題」やストーカー被害などの「身の安全を脅かす事件」など甚大な被害につながるリスクのある犯罪です。ひとりで悩まずに調査会社に依頼して、一緒に対策を講じていきましょう。
ハッキングの調査作業では、大切な個人情報や会社情報を任せることになります。会社の実態や料金、調査方法をしっかりと確認して信頼できる会社に依頼するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました